【失恋から立ち直る方法】 -うつを抜け出し復縁を!-


失恋に関する情報をご紹介

失恋が原因でうつ病に!?

どうしても失恋が忘れられない、失恋のショックから立ち直れず失恋鬱と呼ばれる状態になってしまう方もいます。これも雑誌などで取り上げられる新しい言葉ですね。 鬱といっても自分で感情をコントロールすることが出来るので医学的のうつ病とは違います。よく、落ち込み抜け出せず、元気の無い状態から失恋でうつ病になったのではと思われがちですが、通院したり服薬する必要はもちろんありません。
あくまでも一時的なものですのでご安心を。実際のうつ病とは全く異なり、回復にも時間はそうかかりませんし再発するようなこともありません。

たしかに失恋のショックは非常に大きなものです。無理をして感情を押し殺したり、元気に振舞ったりする行為がストレスとなり他の要因と結びついてうつ病になることも考えられますので、ストレスの抱え込みは禁物です。
特に若い人は年齢による精神の幼さもあるかもしれませんが失恋の後、相手に振られたことが世界の終わりのような気持ちになったり、立ち直る方法がわからず悩みが深刻化することがあり思いつめてうつ症状や衝動的に自殺にまで発展してしますケースもまれにあります。

あまり自分を卑下せず、周りに当り散らしたりアルコールに溺れたりなど身体を壊す行為はしないほうが得策です。
正直、失恋に落ち込みは付き物です。薬もありませんので時間に任せるか、気分転換をすることで解消する以外にこれといった方法な無いんです。辛いとおもいますが時間が経てば思い出として受け止めれるようになるとしかいいようが無いのが現実です。



▲このページの上部へ