【失恋から立ち直る方法】 -うつを抜け出し復縁を!-


失恋に関する情報をご紹介

失恋した相手を慰めるためには

友人など身近な人が失恋してしまった!こういったケースは良くあります、さて私はどうすればいいのでしょうか。中には恋愛猛者もいて「反省はするが後悔はしない!さぁ次の恋!」という方もまれに居ます。そんな人も数十年前は失恋に涙し、枕を濡らしていたそうですが。本当に年月というのは人を強くします。
まず、その人に自分は何が出来るか。どんな風に話を聞いてあげれば相手の気を楽にすることが出来ると思いますか?
相手の話にはひたすら聞き役に徹することです。このとき「あの時こうしていれば」など、もう終わったことへのアドバイスは控え、ひたすら相手の気持ちの発散に付合ってください。
また、相手が希望を持つようなことを炊きつけるのは厳禁です。折角気分を切り替えようとしているのに「もしかして…かもよ?」と言われてしまうと変に期待を持たせてしまいこの状態を持続させるだけです。

相槌を打つときは「そうだね、辛いよね」と相手の気持ちを察する言葉をかけると相手の気持ちを共有することで失恋した相手の感情を発散させることが出来ます。後は自分の体験を語りはじめて話の流れを持ってきてしまったり、他にもいい人が見つかるよといった希望的観測はしないことがポイントです。これはあくまでも一例ですが、よろしければご参考にどうぞ。

失恋した直後の相手なら優しく対処するのが得策ですが、しばらく経っているのにいつまでも言い続ける場合は少し厳しい言葉をかけても良いかもしれません。はっきりと指摘することで失恋後の落ち込みループ状態に入り込んでいる自分に気付くことでしょう。
相手の気持ちを発散させること、終わっているということに失恋した本人自身が自ら納得するようにしてあげることが大切です。



▲このページの上部へ