【失恋から立ち直る方法】 -うつを抜け出し復縁を!-


失恋に関する情報をご紹介

相手を傷つけないために

ちょっと場違いなテーマかもしれません。恋愛では価値感が合わなかったり他に気になる人が出来たり理由は様々ですが、この相手とは先が見えないと別れを考えるシーンが多々あります。
理由はどうであれ別れを切り出された方には大きな精神的ダメージが襲い掛かります。では、いったい何時どういう形をとればスマートに切り出せることが出来るのでしょうか?

まず「相手の気持ちを冷ます」事です。連絡を控え距離を置く、そして相手の意見に同意をしないこと。たとえば「○○好きだよね」との問いかけなどに「いや、あまり」などと徐々に気持ちにも距離を作ります。もちろん肉体的なつながりを持つのはNG。
また、相手が嫌がりそうなこと同意しなさそうなことや、興味が離れてゆくことを伝えるのもいい方法です。そしてそれをなるべく付合ったのと同じくらい時間をかけて実行してから別れを切り出します。
もちろん相手のプライドを傷つけないのが大切です。ここまで綿密に行けば相手の温度も冷めてきているころです。
別れを切り出すタイミングは、相手が仕事などで何かに打ち込んでいる時期や仲間と何かに熱中している時期に切り出すのもいい方法です。相手が忙しさに気がまぎれていて、辛い記憶に浸ることなく時間が経過するためです。

いきなり別れを切り出したり、相手が不安を覚えている時期にするのは厳禁です。落ち着いて実行するよう心がけてください。特に付合った期間が長い場合は、別れに至った経路を相手にじっくりと伝えて納得してもらうことも必要です。

そしして上手く相手と別れることは男女とも、間接的に自分の身を守ることになります。ストーカー等とつきまとわれてしまった、周りに悪い噂が広がって色々と困るといったことを防ぐことができます。
別れを切り出すという事は、今まで自分へ向けてくれていた相手の好意を無下にするということになります。相手の気持ちを考えて、いかに納得してもらうかが肝心なのです。



▲このページの上部へ